Modbusデバイスの設定


接続されているModbus製品は、系統連系点における発電量と消費データのメーター、またはエネルギー監視メーターとして使えます。この操作を行うには、あらかじめ指定しておいたModbusプロファイル、ユーザー作成プロファイルまたはSunSpec Modbusプロファイルを使用してください。すると、ModbusプロファイルはModbusデバイスに割り当てられてます。

ModbusデバイスのIPアドレス

Modbusデバイスを搭載するシステムでは、静的IPアドレスをModbusデバイスすべてに割り当てる必要があります。適切なIPアドレスをネットワークセグメントのフリーアドレス供給によりDHCPを介して手動または動的にModbusデバイスに割り当てることができます。

IP アドレスが動的に割り当てられる場合は、ルーターで DHCP が有効になっている必要があります(ルーターの説明書を参照)。Modbusデバイスには可変IPアドレスを用いず必ず同じIPアドレスを使用するようにしてください (静的DHCP)。

このことは、下位デバイス(スレーブ)として使用されるデータマネージャーにも適用されます。

Modbusプロファイルの作成

  1. Data Managerのユーザー インターフェースにログインします。
  2. 設定メニューにあるデバイス管理を選択します。
  3. ]ボタンをクリックします。
  4. Modbusデバイスを選択し、[次へ]ボタンを押します。
  5. 自分のModbusプロファイルを管理を選択します。
  6. 新規Modbusプロファイルを作成するを選択します。
  7. 入力欄に記入し、[保存] を選択します。

新規Modbusデバイスの登録とModbusプロファイルの割り当て

必要条件:

  • Modbusデバイスは運転状態にあり、Data Managerに接続されていなければいけません。

手順:

  1. Data Managerのユーザー インターフェースにログインします。
  2. 設定メニューにあるデバイス管理を選択します。
  3. ]ボタンをクリックします。
  4. Modbusデバイスを選択し、[次へ]ボタンを押します。
  5. 各欄に必要な情報を入力して、[次へ]ボタンを押します。
  6. システムで利用可能なModbusデバイスが検索され、表示されます。
  7. システムに追加するModbusデバイスを選択し、[保存]を選択します。
  • 接続されているModbusデバイスは、系統連系点における発電量と消費データのメーター、エネルギー監視メーター、または風速計、日射計、温度計として使用できます。

SunSpec Modbusプロファイル

本製品は、Modbusクライアント(Modbus TCP/RTU)のインターフェースを介した標準SunSpec Modbusプロファイルに対応しています。接続されたModbusデバイスは、SunSpecの仕様に適合する必要があります(メーカーの取扱説明書を参照)。下記SunSpecモデルの必須データがサポートされています。

一般モデル:

  • 1, 11, 12

太陽光発電パワーコンディショナ:

  • 101, 102, 103, 120, 121, 122, 123, 126, 127, 128, 129, 130, 131, 132, 160

電力計:

  • 201, 202, 203, 204, 211, 212, 213, 214