RS485を搭載したSMA Com Gatewayの交換


本製品は、RS485デバイスを搭載した既存のシステムで使用し、システムをSMAインフラストラクチャに組み入れることが可能です。RS485デバイスは、製品のRS485インターフェースを介して組み入れられます。本製品は、システムの既存のSMA Com Gatewayを置き換えるものです。このために必要なのは、SMA Com Gatewayを本製品と置き換えるだけです。RS485デバイスは、Modbus RTUまたはSMA Data1を介して本製品と通信を行います。両方のプロトコルを併せて運用することは意図されていません。

必要条件:

  • すべてのRS485デバイスに同じボーレート (1200 baud、9600 baud または 19200 baud) を設定してください。SMA Data1を使用するデバイスは、1200 baud と 19200 baud のボーレートに対応しています。

手順:

  1. 警告

    感電による致死事故の危険

    系統の接続箇所には致死電圧がかかっています。

    1. 断路器(小型ブレーカーなど)により接続点を系統から接続解除します。
    2. 2極電源ユニットコネクタをSMA Com GatewayのジャックX1から引き抜きます。
  2. RJ45ネットワークケーブルコネクタを解除し、SMA Com GatewayのネットワークポートX4またはX5から引き抜きます。
  3. RS485デバイス接続用6極電源コネクタをSMA Com GatewayのポートX2から引き抜きます。
  4. SMA Com Gatewayを取り外します。
    • 8639586444
    • トップハットレールに取り付けられている場合、SMA Com Gatewayのフックをトップハットレールから解除します。これには、SMA Com Gatewayの下端を前方に傾け、SMA Com Gatewayをトップハットレールから引き上げるように取り外します。

    • 壁に取り付けられている場合は、ネジをブラケットから取り外しSMA Com Gatewayを取り外します。

  5. SMA Com Gatewayを廃棄する場合は、現地のWEEE廃棄処理法令に従って廃棄してください。
  6. 製品を取り付けます製品の取り付け)
  7. コネクタすべてを製品につなげます接続部の概要)
  8. 製品の試運転調整を行います製品の試運転調整)
  9. SMA Com Gatewayが既存のSMA Data Managerがあるシステムから取り外されている場合、SMA Data Managerのユーザーインターフェースからすべての接続されている装置を削除し、追加しなおしてください。