システム通信のSpeedwire暗号化


Speedwire暗号化設定は、対応するすべてのSpeedwireデバイスで行われるシステム通信の暗号化に使用されます。システムでSpeedwireの暗号化を使用できるようにするには、SMA Energy Meterを除くすべてのSpeedwireデバイスがSMA Speedwire 暗号化通信機能をサポートしていなければなりません。

Data Managerを搭載するシステムのSpeedwire暗号化

複数のData Managerを搭載するシステムでは、システム暗号化に重複が発生することもあります。

  1. 搭載するData Managerは必ず1つにしてシステムのSpeedwire暗号化を有効にしましょう。

必要条件:

  • ローカルネットワーク内の全てのデバイスは運転状態にあり、インターネットルーターを介して本製品に接続されている必要があります。

  • デバイスはすべてSpeedwire暗号化をサポートしていなければなりません。

手順:

  1. Data Managerのユーザー インターフェースにログインします。
  2. 設定メニューにあるデバイス登録を選択します。
  3. SMA Speedwireデバイス列で設定ボタンを選択します。
  4. システムのあらゆるSMA Speedwireデバイスが検索され、表示されます。
  5. SMA Speedwire暗号化を有効にし、[続ける]を選択します。
  6. 新しいシステムパスワードを割り当てて、[保存]を選択します。