RS485デバイスへの接続


本製品は、Modbus RTUを経由するRS485デバイスとの通信に適しています。

ケーブルの必要条件:

信号の品質はケーブルの長さと品質に影響されます。ケーブルの必要条件を守ってください。

  • 絶縁電線の対数および断面積:2 x 2 x 0.22 mm²(2 x 2 x 24 AWG)以上

  • RS485バス全体のケーブル最大長さ: 1200 m

  • 対撚線

  • シールド:あり

  • 紫外線耐性(屋外用)

コネクタ割当て:

コネクタ

位置

割当て

1

Data+ (D+)

2

未使用

3

接地 (GND)

4

Data- (D-)

5

ケーブル終端(オプション)

6

ケーブル終端(オプション)

手順:

  1. 40 mm製品側のRS485ケーブルをほどきます。
  2. ケーブルのシースと同じ長さに、シールドを剥がします。
  3. 使用しない絶縁線をケーブルシースと重ねて短くします。
  4. 絶縁被覆を端から6 mm剥がします。
  5. 2255455116
  6. 同梱の6極コネクタの導線エントリをリリースします。
  7. 2083297804
  8. RS485データケーブルの導線を6極コネクタに接続します。これを行うには、電線を電線エントリに挿入し、電線エントリを閉じます。コネクタ割当てを守ってください。
  9. 2097662476
  10. 製品がRS485バスの終端にある場合、ジャンパーワイヤをケーブル終端抵抗として6極コネクタのピン5とピン6の間に取り付けます。
  11. 6213362444
  12. 6極コネクタを製品のX2ポートに差し込みます。