インターフェースと機能


本製品には以下のインターフェースや機能を装備、または後付け装備することができます。どの機能を利用できるかは、製品バージョンや購入済みの追加オプションによって異なります。

既存の機能や将来的に導入される機能に関する詳細は、www.SMA-Solar.comの製品ページを参照してください。

監視や設定を行うためのユーザーインターフェース

本製品には標準で統合ウェブサーバーが搭載されており、製品の設定やモニタリングのため、ユーザーインターフェースを提供しています。

製品のウェブサーバーユーザーインターフェースには、コンピュータやタブレットPCなどのウェブブラウザからアクセスすることができます。

接続されたSMA製品は製品のユーザーインターフェースで設定および試運転調整を行います。

WLANアクセスポイント

製品はWLANインターフェースを標準搭載しています。製品を2回タップすると、WLANアクセスポイントが有効になります。このアクセスポイントは、製品と端末装置 (コンピュータ、タブレット PCなど) を接続するために使用します。これにより、現場の有線接続ネットワークに因ることなく直接WLANを介して試運転調整や設定を行うことができます。

SMA Speedwire

製品は標準でSMA Speedwireを搭載しています。SMA Speedwireは、イーサネット規格に基づいた通信方式です。SMA Speedwireは、100 Mbpsのデータ転送速度に対応する設計となっており、システム内のSpeedwire装置間で最適な通信を可能にします。

製品はSMA Speedwire Encrypted Communicationによる暗号化されたシステム通信をサポートしています。システムでSpeedwireの暗号化を使用できるようにするには、SMA Energy Meterを除くすべてのSpeedwireデバイスがSMA Speedwire Encrypted Communicationの機能をサポートしていなければなりません。

ダッシュボード

ユーザーインターフェースのダッシュボードには、製品、設備、コンポーネントの情報がウィジェットにより一目で分かりやすく表示されています。ダッシュボードディスプレイは、システムの機能範囲やユーザー権限により異なります。

発電量予測等の情報、モジュールグループの視覚的表示やパワーコンディショナ比較は、Sunny Portalの拡張機能によって利用できます。

Modbus

製品には2つのModbusインターフェースが装備されています。1つはイーサネット(Modbus TCP)で、もう1つはRS485(Modbus RTU)で制御されます。

Modbusインターフェースには、以下のタスクがあります。

  • 測定値のリモート照会

  • システム目標値の設定

Modbusインターフェースは、以下の異なる機能があります。

  • Modbusサーバー

  • Modbusクライアント

Modbusサーバーの機能は、イーサネットインターフェース(Modbus TCP)を介して利用でき、 Modbusサーバーは、製品への外部アクセスに使用可能です(SCADAシステムなど)。

Modbusクライアントの機能は、イーサネットインターフェース(Modbus TCP)とRS485インターフェース(Modbus RTU)を介して利用でき、 Modbusクライアントは、接続されたModbusデバイス(パワーコンディショナ、電力計、I/Oシステムなど)との通信に使用可能です。

接続されたModbusデバイスとの通信に、あらかじめ指定しておいたModbusプロファイルとユーザー作成Modbusプロファイルを使用できます。ユーザー作成Modbusプロファイルは別の製品に使用するため、エクスポートして、転送できます。

SunSpec Modbus

本製品は、Modbusクライアント(Modbus TCP/RTU)のインターフェースを介した標準SunSpec Modbusプロファイルに対応しています。SunSpec Allianceから取得したSunSpec Modbusプロファイルには、分散型太陽光発電システム(パワーコンディショナ、電力計、観測ステーション)のModbusデバイスに適用されるパラメータや一連の測定値が含まれています。製品にはSunSpec Allianceのデータポイントがあるため、下部にある仕様バージョンのSunSpec Modbusプロファイルと一致します(www.sunspec.org参照)。SunSpec Modbusプロファイルに対応する接続Modbusデバイスは、適切なModbusプロファイルを有するシステムに自動的に統合されます。

発電所全体のパラメータ変更

システムパラメータアシスタントを使用して、複数の接続デバイスのパラメータを同時に変更し、これらを比較することができます。一覧から希望するデバイスを選択し、同時変更に適しているパラメータを変更するだけです。パラメータ変更の状態は、いつでもアクセスして確認できます。

エネルギー監視

いくつかのSMA Energy Meterおよび他メーカーのModbus電力量計では、これを接続して包括的なエネルギー監視を行うことができます。本製品では電力計による生成・消費データの読み出し、保存、表示を行えます。

さらに、メーター(ガスメーターなど)をSunny Portalの拡張機能で登録できます。メーターの読み出し情報はマニュアルで入力および表示ができます。

FTP Push

FTP Push機能を使用すると、収集したシステムデータを自由に選べる外部のFTPサーバーにアップロードすることができます。収集されたデータは、指定したディレクトリ最大1回/時間に1日に1回アップロードされます。ここでは太陽光発電システムのデータは変更不可能なXMLフォーマットでエクスポートされます。太陽光発電システムのデータとユーザーデータは、暗号化せずに標準FTPプロトコルを介してFTPサーバーに転送されます。

SMA Smart Connected

SMA Smart Connectedは、SMA Sunny Portalを介して本製品を監視するプログラムです。SMA Smart Connectedによって、本製品が検出したイベント情報が登録された太陽光発電システム運営者または施工者に通知されます。

SMA Smart ConnectはSunny Portalでの登録作業中に有効化されます。SMA Smart Connectedを使用するには、本製品が永続的にSunny Portalに接続され、運営者と施工者の最新データがSunny Portalに保存されている必要があります。

SMA Smart Connect はサポート対象のパワーコンディショナでのみ使用可能です。

Grid management services

本製品は系統管理用サービスを装備しています。

電力会社の要件に応じて、運転パラメータを変更することによって機能を有効化および設定できます(例:有効電力の上限設定など)。

電力会社からの制御値は、開ループ制御または閉ループ制御で実装することができます。これには、制御値をModbusまたはアナログ/デジタル信号を介すか、もしくはセットアップアシスタントで手動により指定します。制御値がどのように変更されたかは電力会社に報告されます。

Active power limitation

有効電力の制限に使用する制御値は%で規定されます。その際、発電システムの総発電量が計算の基準になります。これには、制御値をModbusまたはアナログ/デジタル信号を介すか、もしくはセットアップアシスタントで手動により指定します。

ゼロ逆潮流制御

電力会社によっては、有効電力が系統に送られていない状態でのみ、太陽光発電システムの接続を許可する場合があります。そのため、太陽光発電システムからの電力は発電場所でのみ自家消費されます。

この製品では、系統連系点の情報を使用して閉ループ制御を行うことで、SunSpec Modbus経由で接続されこの機能をサポートしている場合に、接続しているSMAパワーコンディショナの有効電力の売電量を0%に制限することができます。

無効電力制御

無効電力制御は、セットアップアシスタントの直接パラメータ設定 (Q, cos φ) または Modbus インターフェースかアナログ信号を介した電力会社からの仕様変更により行います。特性曲線の関数を基準とする無効電力は系統連系点(Q(V))の電圧関数を基準として制御することもできます。値は最大AC電力のパーセンテージとして指定されます。該当の電気的変数(V、P、Q)を測定する適切なメーターが系統連系点で必要になります。純電圧測定だけでは不十分です。制御モードの力率(cos φ)仕様に対応する適切なメーターも系統連系点で必要になります。

ダイレクトマーケティング

直接販売業者はビルトインのダイレクトマーケティングインターフェースを介してシステムを遠隔操作するために本製品を使用します。このプロセスにおいて、直接販売業者の制御信号はシステムに転送されます。製品の系統管理サービスによるセットアップアシスタントを介して、この機能を有効化できます。