センサーの割当て


Sunny Portalは、センサーのデータを使用して、太陽光発電システムのシステム出力係数(PR)を計算します。衛星データまたはローカルで接続されているセンサーのデータを使用できます。データはダッシュボードのセンサーウィジェットに表示されます。日射量、外部温度、セル温度、風速のセンサーは、それぞれ個別に割り当てられます。衛星データを使用する場合は、太陽光発電システムのプロパティが正しく設定されていなければなりません。太陽光発電システムの所在地と設置時の向きは特に重要です。

手順:

  1. Sunny Portalでシステムを選択します。
  2. 設定メニューのセンサーの割り当てを選択します。
  3. ボタンをクリックして、新しいセンサーを割り当てます。
  4. ローカルセンサーの名前または、デバイス選択メニューから衛星を選択します。
  5. 入力選択メニューから、センサーに設定する入力チャネルを選択します。
  6. 衛星データを使用する場合は、太陽光発電システムのプロパティを入力します。
  7. [保存]をクリックします。