太陽光発電システムの監視


太陽光発電システムの監視は、お使いの太陽光発電システムの監視ステータスについての情報を提供します。各種監視オプションを設定・有効化できます。必要に応じて、太陽光発電システムの監視機能は電子メールで通知を送ることも可能です。太陽光発電システムの監視で設定・有効化できる機能は以下のとおりです。

機能

説明

パワーコンディショナの比較

パワーコンディショナ比較機能では、発電量損失の恐れがある場合にこれを特定できます。kWあたりの発電量が全パワーコンディショナの平均発電量に対し、設定した許容範囲から大きく外れるパワーコンディショナがあると、電子メールで通知を受け取ることができます。

パワーコンディショナの比較は、太陽光発電システムに2台以上のパワーコンディショナが装備されている場合にのみ表示されます。

1 kWh/kWp以上の偏差が生じるとアラームが作動します。

システム出力係数

システム出力係数(PR)は、太陽光発電システムの品質を測定する方法です。 所在地によらず使用でき、また、品質要因としても参照されます。システム出力係数は、太陽光発電システムの実際の発電量と目標発電量の比です。発電量から電力損失(熱損失や導電損失など)を差し引いた、系統に実際に供給できる電力量と、必要となる運転電流の割合を示します。

システム出力係数で、お使いのシステムの品質を確認できます。システムについて計算されたシステム出力係数の値が1に近づくほど、当該システムの稼働効率は高くなります。

システム出力は、以下の式を使って計算します。

* ⍺ = 太陽電池モジュールの温度係数。Sunny Portalは、計算に平均値 -0.4%/°C を使用します。

予想太陽光発電量

予想太陽光発電量で、予想と実際の年間発電量における差異を表示できます。太陽光発電システムの年間予想発電量は、設置場所での年間指定発電量と設備容量で乗算して求めます。

SMA Remote Service

お使いの大規模発電所向けパワーコンディショナの機能としてご購入いただいている場合には、SMA Remote Serviceのオプションを有効にしていただけます。メーカー保証には、このサービスの一環として、パワーコンディショナの無料アップデートも含まれています。新しいアップデートが利用できる場合は、その旨が自動的に通知されます。このオプションを有効にすると、適切な通知が作成されます。通知設定で、この通知をいつでもカスタマイズできます。このオプションを有効にすると、SMAによるサービスアクセスとリモートパラメータ設定を有効にできます。

この機能を使用可能にするには、太陽光発電システムにSMA Data Manager L をインストールしていただく必要があります。