デバイスの追加、交換、無効化


デバイス管理システムで、お使いの太陽光発電システムのデバイスを追加、交換、無効化できます。Sunny Portalにすでに太陽光発電システムを登録している場合は、そのシステムに新しいデバイスを追加するか、またはデバイスを交換できます。デフォルトの設定にリセットした通信機器を既存の太陽光発電システムに追加することもできます。太陽光発電システムのセットアップアシスタントが、お使いのシステムをSunny Portalに登録する手続きを、順を追って説明します。

7187294348

デバイス管理の概要

必要条件:

  • SMA製品の銘板または他に供給されているラベルには登録ID (RID)、識別キー (PIC) が記載されていなくてはいけません。

  • ローカルネットワーク内の全てのデバイスが運転状態にあり、インターネットルーターを介してSunny Portalに接続されている必要があります。

  • マスター機として設定可能なData Managerはシステムに1台のみです。

通信機器の追加

太陽光発電システムにSunny Portalと直接通信を行うデバイスを追加できます。このデバイスは、お使いの太陽光発電システムのデータを取得し、Sunny Portalに送信できます。

手順:

  1. Sunny Portalにログインします。
  2. システムの選択
  3. 設定メニューを選択します。
  4. コンテキストメニューで [デバイス作成] を選択します。
  5. ]ボタンをクリックします。
  6. 太陽光発電システムのセットアップアシスタントが起動します。
  7. SMAデバイスを選択し、[次へ]で確定します。
  8. 新しいデバイスのPICとRIDを入力して、[識別]で確定します。
  9. 一覧から新しいデバイスを選択して、[保存]で確定します。

仮想デバイスの追加 (発電機)

システムに仮想の発電機を追加できます。仮想発電機のデータをSunny Portalに送信する方法は2通りあります。

  • データを手作業で入力する

  • データを電力計から取得する

手順:

  1. Sunny Portalにログインします。
  2. システムの選択
  3. 設定メニューを選択します。
  4. コンテキストメニューで [デバイス作成] を選択します。
  5. ]ボタンをクリックします。
  6. 太陽光発電システムのセットアップアシスタントが起動します。

仮想デバイスの追加 (負荷)

システムに仮想負荷を追加できます。仮想負荷は発電量とエナジーメーターの測定値を使用します。この目的で、まだ割り当てられていないエナジーメーターを仮想負荷に割り当てる必要があります。

手順:

  1. Sunny Portalにログインします。
  2. システムの選択
  3. 設定メニューを選択します。
  4. コンテキストメニューで [デバイス作成] を選択します。
  5. エナジーメーターの行で、ボタンをクリックします。
  6. [負荷として設定]をクリックします。
  7. デバイスデータを入力して、[保存]で確定します。

通信機器の交換

手順:

  1. Sunny Portalにログインします。
  2. システムの選択
  3. 設定メニューを選択します。
  4. コンテキストメニューで [デバイス作成] を選択します。
  5. デバイスの行で、ボタンをクリックします。
  6. [デバイスの交換]を選択します。
  7. 新しいデバイスのPICとRIDを入力して、[識別]で確定します。
  8. 一覧から新しいデバイスを選択して、[交換]で確定します。

リセットした通信機器の再追加

デバイス管理を介して、デフォルトの設定にリセットした通信機器を既存の太陽光発電システムに追加することもできます。さらに、リセットした通信機器は通知に表示され、ここで太陽光発電システムに再度追加することもできます。

手順:

  1. Sunny Portalにログインします。
  2. システムの選択
  3. 設定メニューを選択します。
  4. コンテキストメニューで [デバイス作成] を選択します。
  5. デバイスの行で、ボタンをクリックします。
  6. [デバイスプロパティの表示]を選択します。
  7. [リセットしたデバイスを太陽光発電システムに再度追加する]ボタンをクリックします。
  8. 太陽光発電システムのセットアップアシスタントが起動します。

デバイスの無効化

以下に該当するデバイスを無効化することができます。

  • [デバイス管理]のコンテキストメニューで追加されたデバイス

  • 太陽光発電システムに存在するが、直近5日間にデータを提供していないデバイス

デバイスが無効化されていても、分析メニューでデータを確認できます。

手順:

  1. Sunny Portalにログインします。
  2. システムの選択
  3. 設定メニューを選択します。
  4. コンテキストメニューで [デバイス作成] を選択します。
  5. デバイスの行で、ボタンをクリックします。
  6. [デバイスを無効化]を選択します。
  7. [無効化]で確定します。
  8. デバイスを無効化すると、このデバイスに行われた設定をすべてリセットします。

通信機器の装置交換

通信機器の装置交換には、通信機器のユーザーインターフェースを介して、装置を削除します(通信機器の取説説明書を参照)。削除された装置は、Sunny Portal で無効になります。通信機器のユーザーインターフェースを介して、新しい装置を追加すると、 新しい装置が Sunny Portal で表示されます。装置の新旧両方のデータは、Sunny Portal の「分析」で確認できます。